台風も近づいているようですが、全国的に秋らしくなりましたね。
日中も涼しくなってきました。
近所の田んぼや川から聞こえていたカエルの声も秋の虫の声になりました。

ブログを更新するのもぶーの月命日以来なので20日も空いてしまいました。
ぶーが亡くなってからしばらくは喪失感や孤独感や悲しみが強くて、毎日眠れなくて勢いで更新していた感じですが、今は気だるい寂しさに包まれている感じで、なかなかブログの更新も出来ませんでした。
リンの様子は毎日追いかけているので、それもブログにきちんとアップしないといけないのですが…

相変わらず眠れない夜が続きますが、そればかりブログに書いたりTwitterでつぶやいても見る方も楽しくないでしょうし、ぶーにも悪い気がして何か他に良い話題がないか考えているのですが、なかなか頭がまとまらなくて…
寝る前に私の胸の上に乗ってきて甘えくるぶーを撫でながら「元気に長生きするんだよ」と声をかけてあげるのが私の就寝前の儀式みたいなものだったので、夜にベッドに入るのも辛いんですよね。

動物の本やサイトを見たり、TwitterやFacebookで里親募集や迷子猫、迷子犬のリツイートはしていますが、自分にももっとできる事はないのかなと考えています。

それから、ネット等を通じてぶーの事を知ってくれた方々や、私と同じように愛する猫や犬を亡くされた方と少しでも交流できて、ぶーも喜んでくれているんじゃないかという気がしています。

私も他の方のブログやツイート等を見て心を揺さぶられることがたくさんあります。
先日も、ぶーと同じチンチラシルバーの迷子猫を保護されて飼われて、ぶーと同様の病気で同じような年頃で亡くされた方のツイートで、『年齢的にも寿命だったのかもしれないけれど、もう少し一緒にいたかったな』というような事が書かれていて、全く同じ気持で涙が出ました。
「もう少し一緒にいたかった」、そう思うと涙が止まらないです。

仕事をしていたり、人に会ったりしている時は普通にしていられますが、部屋にいても外に出かけていてもぶーの事を考えてしまいますね。
リンがいるのでリンの事も考えますし、これまで飼った動物の事も考えますし、自分が関わった動物以外の里親募集や迷子猫、迷子犬の事も考えます。

もっとも、今はリンの世話をしっかりとしなければなりませんし、何かをする為にも頑張って働かなければなりません。
その為にもしっかりと睡眠をとって健康的な生活を送りたいと思っています。


少し前のリンです。涼しくなってきたのを感じてるような、過ぎゆく夏を惜しむような、そんな様子で風を感じていました。
P9026570
P9026569

P9026568
P9026567
P9026566